最新投稿

  • 医療費控除を受けるためには確定申告が必要

    人間誰しも、自分がいつ何時事故に遇ったり病気になるのか、わかったものではありません。
    そのために保険があるのですが、入院したり手術したりするような事態に陥ると、支払わなければならない医療費というのは馬鹿にならないものです。
    もっとも納税者が自分又は自分と生計を同じくする配偶者やその他の親族のために、1月1日から12月31日までに支払った医療費に関して、その一定額につき所得控除を受けることができます。
    これが医療費控除です。
    サラリーマンの場合には、毎年会社で年末調整をしてもらうことが多いでしょうが、その場合にも自分で確定申告をしなければ、この医療費控除を受けることができません。
    そして確定申告の際には、支払った医療費の領収書が必要になるのです。

    国際歯科技工学会にて最優秀賞受賞
    東洋医療専門学校の歯科技工士学科は国家試験合格率、就職率ともに100%!

    太田市 歯医者
    安心の歯科治療をモットーにしています

    大阪の美容外科でプルプル美肌に

    丁寧な説明としっかりした治療で人気の接骨院なららくらく堂です

  • ①.医療費控除

    支払った医療費は申請すれば戻ってきます。
    厳密には、医療費が戻ってくるのではなく、納める所得税 …